会社の嫌な雰囲気

会社独特の嫌な雰囲気、どこの会社でもあります。仕方ないのかもしれませんが、もっと和やかに明るく出来ないものでしょうか。みんな自分の身を守ることばかりを考えて傷つくことを恐れているような会社。それでは誰も会社が嫌になってしまいます。最低限の仕事と立ち回りができればいいと思っているのでしょう。それでは会社の嫌な雰囲気は到底変わらないのでしょう。心が疲弊してばかりだからです。そんな時はどうしたらいいでしょうか。一人一人の意識が変わらなければ難しいかもしれませんが、少しでも笑顔でいることは大事です。笑顔を向けられた人は笑顔で返します。笑顔は他人にすぐに出来る簡単な愛情表現です。私に害はないです、仲良くしたいですということの表れなのです。上手く会社に広がっていけばいいですが、徐々にしか浸透しないかもしれません。それでも、どうか笑顔は忘れないようにしましょう。これこそが会社の雰囲気を変える突破口なのだと思います。皆でそうしようと決めなくてもいいのです。自分がまずやれば、きっとこれは良いと思った誰かが賛同してくれるはずです。笑顔は光です。いつでもだれにでもきっとこの光は届くのでしょう。しんどいですが、最初は1ヶ月試しに笑顔でいてみましょう。笑顔の多い職場は、きっと誰にとっても居心地のいい職場になること間違いなしです。光で満ちるその時まで頑張りましょう。

会社の嫌な体制

どの会社にも、会社独特のカラーがあると思います。会社の勤務体制やどうみても必要なさそうな決まりがあるものです。たとえば、会社に早めに来て掃除をしたり、残業は当たり前、先輩から先に食事や休憩に行かなければならないなど、時と場合によってはどうでもいいようなものもあります。こうした体制はまず先輩から治していかないといけないのでしょうが、受け入れてしまっている場合は変えるのに凄く勇気があるのではないかと思います。どうしたら改善が出来るのでしょうか。月に一度はこういった事情を変える機会を発言できる会議などをするべきです7.形だけのものは必要ありません。かなり思い切ったことですが、誰かがそれをすれば、発言の後押しは周りがしてくれるのではないでしょうか。きっと誰もが思っていて口にしてこなかった問題でもあったでしょう。そういったことが改善されなければ、その会社の未来も望めそうにありません。嫌なものは、誰かが嫌だと言わなければずっとそのままでしょう。それでもいいのでしょうが、きっと居心地は悪いのかもしれません。変えられたら素晴らしいと思いませんか。辞めてもかまわないから行ってみるという選択があるなら、会社の体制に物申すことも挑戦してみる価値があるかもしれません。会社の体制を変えることは、会社そのものにテコ入れをする会社にとってはいい機会なのかもしれません。